<< 身体の記憶2(フラッシュバックメモリーズ) | main | (12/8)ロルフィング協会WS第3弾です >>
2012.11.03 Saturday

動きや感覚のバリエーションを増やす

こんばんは、ロルファーなつこです。

身体の記憶2(フラッシュバックメモリーズ)」の続きです。
映画を観た後に、ロルファー仲間と話したことについて、
色々と思いを馳せています。
ロルフィング®では、今自分が感じている「知覚」に目を向けることで、
習慣的に行っている動きをリセットして、より体の構造と重力に適応した
効率のよい動きができるようになる(ところを目指す)のですが。

先輩ロルファー小鹿ゆきちゃんと話したのは、

「”習慣”が本来のカラダの動きを制限することが多いので、
 ”今、ここ”の感覚にフォーカスして動作を行うけれど、
 そのフレッシュな情報(ボディスキーマ)もある時点から”習慣”となるよね」

そしてそれは自然なことだよね

ということ。

・・・じゃあなぜ、私たちロルファーは、
それでも「今現在」の感覚を意識してもらいながら
動作の教育をするんだろう????

と改めて考えました。

=============================
”今”を感じながら行った動作は、次々と過去になっていくけれど、
・何回かのフレッシュな動作は習慣を上書きする。
・過去になった瞬間からも、従来の習慣とは別バージョンとして保存される。
   ↓
動作の情報の精度がUPしたり、バリエーションが増える。
   ↓
カラダの記憶が豊かに、洗練される。
   ↓
1つの動作を、色んなやり方でできるようになる(チョイスが増える)
   ↓
カラダの負担が分散する
   ↓
より快適で自由なカラダが実現する
=============================

ということでは?と。
とりあえず私としてはいったん決着がつきました。

どんなにそれがよい姿勢でも、効率のよい動きでも、
毎回その動きしかできなければ、長年くり返すと特定の場所に負担が集中します。

だから、動きや感覚のバリエーションを増やして、
色々できるようになりたいんです。

一流のアスリートが、ヨガや別のスポーツを取り入れるのは、
非常に有効なわけですね。

私も、ヨガ以外のカラダの動かしモノを取り入れたい今日この頃。
さし当たって、今この文章を書きながら固まってしまった肩を緩めるべく、
オリジナルダンスを踊ろうと思います(誰にも見せられませんが)。

フラッシュバックメモリーズ」のGOMAさんから受け続けた刺激は、
とりあえずこの3回で終結です。
ふー、やっと書ききれました。

では、おやすみなさい。


Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
 稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. rol-summer@hotmail.co.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM