<< ヴィパッサナー瞑想体験談6(視力回復) | main | ヴィパッサナー瞑想体験談8(聖なる沈黙) >>
2012.10.10 Wednesday

ヴィパッサナー瞑想体験談7(男女隔離)

こんばんは、ロルファーなつこです。
第7弾は、「男女隔離」について。

===========================
・ヴィパッサナー瞑想については、協会HPをどうぞ
・ヴィパッサナー瞑想体験談(1)「動機・目的
・ヴィパッサナー瞑想体験談(2)「瞑想による骨盤の変化
・ヴィパッサナー瞑想体験談(3)「知覚とイメージ
・ヴィパッサナー瞑想体験談(4)「動かずにいること
・ヴィパッサナー瞑想体験談(5)「日常生活
・ヴィパッサナー瞑想体験談(6)「視力回復
===========================

ヴィパッサナー瞑想の修行中は、男女が隔離されます。

私は大学まで共学、生まれ育った家も男兄妹、
職場も男性の方が多かったような・・・
あ、大学は文学部だったので女子が多かったですね。

そういえば、客層が女性だけの飲食店も好んでは入らず、
女子校も進学の選択肢にはなかったですね。
色々混ざっている方が好きなのかもしれません。

ということで、女性の園(?)は初体験。
どうなるどうなる〜??と思いきや、割りとゆるい分け方でした。

京都ダンマバーヌは、2012年6月時点では、
メインの建物の1Fが居室、2Fが居室&瞑想ルームになっていて、
玄関&瞑想ルームの入り口がそれぞれ2つずつあり、男女別に使用します。

1Fは廊下の中央がカーテンで仕切られていて、
瞑想ルームは仕切りは無く、左右の入り口から男女別に入り、
部屋の半分ずつに分かれて座ります。

別棟としては、男女別の食堂、水場(シャワー&洗面&トイレ)、
洗濯物干し場があり、庭は、男女が散歩できる範囲がそれぞれ決まっています。

とはいえお互いに姿は見えるし、そもそも同室の女性とも目も合わさず
話もしないので、女性の園という印象もなく、特に「隔離!」という
気もしなかったです。
ご夫婦など、異性のパートナー同士で参加していると、
話したくなるかもしれないですね。

という感じで、人生初、2週間男性と話すことなく過ごし、
まぁでも何ということもなかったかしらね、と修行を終えました。

ところが、東京に戻り、自宅に向かう電車の中で(早朝だったのでガラ空き)、
隣にビジネスマンが座った、その刹那!!!

「きーえー!!!!!別の生き物!!!近い!!近すぎる〜!!!」

・・・・
・・・・
・・・・
・・・・

これにはビックリしました〜
ビックリした自分にビックリしました〜

何となく女子校出身者の方々の女らしさが分かるような気がしました〜

この「きーえー!!」状態のままボルダーに行ってしまったので、
そもそも海外だし、異性も何も自分が外国人だし、ということで、
「きーえー!!」は観察する間もないまま終了。

今は元通りです 笑

このあまり役に立たなそうな体験談、
「瞑想」のカテゴリに入れるのがためらわれますが・・・。
でも、面白かったです。あの初めての感覚。

今からヴィパッサナーに行かれる方、お楽しみにw
体験談、お聞かせください

 

===========================
・ヴィパッサナー瞑想体験談(8)「聖なる沈黙
===========================


Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520
Mail. info@rolfing.namaste.jp

Website. http://rolfing.namaste.jp/

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM