<< エアリアル・ヨガ | main | クンダリーニ・ヨガ >>
2012.07.19 Thursday

Rolfing by. Jim Asher

 ★JimのHPはこちら

こちらがJimのオフィス。
メイン通り、Pearl Streetの真ん中にあります。

ニューエイジ色満載ですね。
日本ではこういう感じは好まれませんが、
本来はこういうところから生まれたんだろうな、と思います。

ドーンと大きい人を想像していたら、ひょろっと背の高い
かわいいおじいちゃんでした。

私の頭頂は、髪の毛が立っているのではなく後ろの木の枝なので
あしからず。

ジムは背骨好きと前情報あり、今の私の最大のテーマ
仙骨&尾骨について相談。
あとは元からのテーマである上半身を大きくしたいこと。

座位で、バックワーク(背面のワーク)&ムーブメント(動作の教育)から
スタート。
頭頂で背中をワークされたのにはビックリしました。
(両手で私の腕をガイドしているのでふさがっているわけですが。)

背中で感
じる、頭頂の温かさ。
頭頂なのに、皮膚。。。。新鮮すぎ
る!

確かに写真を見てみると、使いやすそうな頭蓋です。
まさか、バックワークをやり過ぎてこのヘアスタイルに?
卵が先
か、ニワトリが先か?
ヘアスタイルが先か、バックワーク
が先か?

私がもしこのワークを真似をするとしたら、
ハチが張っている頭蓋の横の方
が使いやすそうなので、
椎への負担が大きそうです。

かなりムーブメントを行い(疲れました!)、
仙腸関節の動きを出
してから、うつ伏せでさらに仙骨周りをワーク。
仰向けで深層外旋
筋をワークしながらムーブメント、
それから肩甲帯のワー
ク。

途中で歩いたりベンチワークをしたり、姿勢は色々変えます。

「そうそう、そういう風に動きたいのよね!
 でも、それが
なかなかやりにくいのよね!」
ということしかされません
でした。
迷いが一切ないのがやはりさすがです。

うーん、これに到達するには、経験&勉強を重ねて行くしかないですね。

構造的アプローチがメインなのかと思いきや、
かなり機能的アプローチ(ムーブメント)でした。

セッション後は、片脚に乗りがちな体重がもう片方の脚にも分散し、
肩甲骨の重みを感じられるように
(=前鋸筋が使えるように)
なりました。

やっぱり、私ムーブメントのワークは発見が早いので好きだなぁ、
と自分の好みも再確認。

聞き手の英語力に関わらずたくさんしゃべる、という噂は

実際その通りでした。+歌うし、笑う。

Ida Rolfに初めて会った時の印象を聞いたら
(絶対にIda
について聞こうと思っていたのです)、
ネックワークをし
ながら色々と話をしてくれました。
 そして早口になり・・・
   ↓
 止まら
なくなり・・・
   ↓
 最終的には次のクライアントが入って来て終了


あいにく多くは聞き取れませんでしたが、Ida&ロルフィングに
出会った時の興奮が伝わってくるようでした。

それが広まり、国を越えて、研究・洗練されて、今や私が日本で
トレーニングを受けてロルファーになるに至ること
を思うと、
不思議なものです。

今後伝説になりうる世代のロルファーからワークを受けることで、
その先のIda Rolfがうっすらと感じられたように思います。
普段、ロルフィングをするにあたってIdaを意識することはなかったので、
やはりボルダーに来て良かったです。

こちらに来て思ったのは、ロルフィング=ボルダーが拠点、というのは
腑に落ちますが、Ida自身は全然ボルダー
ぽくないのではないかと。
東部出身でもありますし、ボルダーの伸び伸びとした
土地柄より、
もっと偏屈だし、変人だし、天才ではないか
と。

米ロルフィング協会のライブラリーでIda映像を見たかったのですが、
私の訪米に合わせてプレイヤー故障中。



同じくライブラリーに、アイダ&若かりし頃のジムの写真がありました。
頭頂が微妙に切れていて、謎は深まります。



ジムが愛すべき人物で、笑うことが大好きで、
かつ素晴らしいロルファーだったので、のびのびと書いてしまいました。

ボルダーには、くさんの素晴らしいロルファー、ボディワーカー、
セラピストがいて選択肢が多いのが羨ましいです。

ロルファーとして、最大の勉強はよいセッションをたくさん受けること、
と言われています。今回の10日間(実質9日)滞在で、受けたボディワークは3回。
これ以上はからだに対して情報過多になってしまうので、MAXですね。

John Chittyのクレニオセイクラルワーク
Jon Martinの神経リリース
・Jim Asherのロルフィング

偶然、三人とも男性、頭文字「J」です。
贅沢な体験でした。
ジワジワと噛み締めているところです。

ちなみに、ジムのところでは、クレジットカードは使えなかったので、
現金のご用意を。

ロルファーなつこ
=============================
  ロルフィングスペース Body Resonance
  ◆場所:JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分
      (完全予約制です)
  ◆Mail:rol-summer@hotmail.co.jp
  ◆HP:こちら
     ロルフィングってなに?体験談料金/メニュー
=============================


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM