<< ボルダーでの滞在先 | main | サイクリング >>
2012.07.18 Wednesday

クレニオ・セイクラル初体験

こんにちは、ロルファーなつこです。

はじめて、クレニオ・セイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)を
受けてきました。
ボルダーで受けるべきセッションに、「John Chittyのクレニオ」を
あげる先輩ロルファーたちが多かったのです。

 ★クレニオセイクラルとは(wikipedia)★

クレニオ・セイクラル、日本では施術者のレベルに幅がある印象で、
ボルダーできちんと受けたかったのです。

ジョン・チッティは、ボルダーにあるクレニオ・セイクラルの学校の
校長先生で、その学校のオフィスでセッションを行っています。

学校についてはこちら↓
http://www.energyschool.com/CSES_Home/Overview.html

ジョンは、非常に穏やかな雰囲気の方で、
その温かな視線で何もかも見透かされているように思えます。

施術中の感覚は今までに未体験で、言葉にできません。
(ブログにしておいてなんですが)・・・何、これ?といった感じ。

触られている所とは違う部位が反応したり、繋がりを感じたりはする
(これは私にとってはよくあることです)のですが、
それ以外に時空が歪むというか。
からだの中にある記憶が、筋骨格系を介さずに出てくるというか。
いや、骨はあるのか。頭蓋仙骨療法だけに。

むやみに不思議めかすつもりはないのですが、
とにかく、そんな体感でした。

頭蓋を触れられているとき、「頭蓋はもう落ち着いたかな」と思った瞬間、
ジョンの手がガクン、と離れたのに驚きました。

セッション後、その日1日は私、ポーッとして口数が少なかったです。
好物のビールも要らない感じ(日本酒はいけましたが)。

ジョン曰く、仙骨&尾骨が1回のセッションではワークを完了できなかった、
とのこと。自分でも幼少時に尾骨を骨折しているのでは、と自覚があったので、
腑におちました。

滞在中には完了まで受けられないので、帰国後に持ち越すことに(^^;;

今までロルフィング始めボディワークを色々受けてきて、
ついに仙骨というコアの部分まできたか、という思いです。

これが完了したら、骨盤全体、大腿、からだ全体がどう変化するのか、
楽しみです。

頭蓋の方は、これまた幼少時にブランコから落ちて、
鉄の柵に後頭部から着地したことがらある割りには、問題ないとのこと。

これは、ロルフィング
®が主な回復元ではないかと。
今迄わたしの頭蓋に触ってくれた方々、ありがとうございます。

最近ボディワークとエネルギーワークのボーダーラインに興味があるので
(施術者としてはボディワークが好き)、クレニオ・セイクラルの
立ち位置が興味深いです。


☆関連記事☆
 クレニオは瞑想と似ている

Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
 稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. rol-summer@hotmail.co.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM