<< 宮古島2019 | main | Rolf Movement®︎ WS 2019 >>
2019.07.24 Wednesday

下を向くときアゴ先はどこに下りる?

こんにちは、ロルファーなつこです。

 

首が疲れやすかったり常に凝っている、顎関節の力みが抜けないという場合、

前回紹介した頭頂の位置眼の向きと合わせて、

動きが原因となっているケースもよくあります。

 

その1つが、下を向くときにアゴを引きすぎているパターン。

 

立った状態またはニュートラルに座った状態で、首から上を前に傾けて、

下を向く(うなづく)動きをしてみてください。

胸椎から下(体幹)は動かないように注意。

 

アゴの先は、どこに向かって下りていますか?

喉や、後頭部と首のつけ根はどんな感じがしますか?

 

もし、

■アゴ先が喉に下りていく

■喉が締めつけられる感じがする

■二重アゴになる/アゴ下〜首の前側に集中してシワが寄る

■後頭部と首のつけ根が引っ張られる

 

場合は、アゴを引きすぎているかもしれません。

 

首の骨(頸椎)は全部で7個あり(上からC1〜C7)、

その上に頭蓋(直接接しているのは後頭骨)がのっていて、

それぞれの骨の間が関節になっています。下を向く動き(屈曲)では、

頭と首の間の関節(環椎後頭関節/AO joint)が一番可動域が大きく

(といっても全体の30%程度)、次にC5/C6関節、それからその他の関節、というように

頸椎全体で起こります。

AOよりC5/C6の方が可動域が大きいとする場合もあります。

 

が、アゴを引きすぎている場合、

後頭部と首のつけ根(AO joing)に屈曲の動きが集中している感じがします。

 

首全体を使ってしなやかに下を向くには、

 

■アゴ先が胸に下りる

■アゴと喉の間のスペースを意識する

■アゴ裏(喉〜アゴ先)の長さをキープしながらうつむく

■頭頂に角が生えていて、その先端を斜め前に倒す

■後頭部の丸みを感じながらうつむく

■両耳の間を貫通する棒が刺さっているイメージで、

 その棒を軸にして下を向く 

■頭の重さを感じながら倒す

 

とよいでしょう。

どれがご自身にしっくりくるか、試してみてください。

 

そうすると、

 

■喉が締めつけられる感じが減る/なくなる

■二重アゴ/アゴ下〜首の前側のシワが寄りにくくなる

■後頭部と首のつけ根だけが引っ張られる感覚がなくなる

と思います。

 

あえてアゴ先を喉に向けて下ろして、感覚を比較してみるとわかりやすいです。


静止しているときの頭の位置が整っても、動きのパターンが継続していると

頭の位置も元に戻ってしまうこともあるので、姿勢(位置・構造)と動き(機能)

の両方を見直していくとより効果的です。

 

そのためには、無意識に行っている姿勢や動作のクセ・パターンにご自身で気づく

ことが大切なので、からだを動かしたり触ったり、眼で見たり(写真や動画もよいかと)、

人に触ってもらったりして、感覚をとり戻すのはとってもおススメです。

 

また、例えば今回のこの動きに抵抗がある場合、言葉を飲むためにアゴを引いて

喉を固めている、などのケースもあります。そういう場合は、喉を固めなければ

いけない環境とそうでない場所とで動きを使い分けられるようにしたり、

今現在本当に喉を固める必要があるのか、それとも過去のパターンを継続しているだけ

なのか、を確認していくこともできます。

 

その全てが含まれるロルフィングなどのボディワークを受けるのも、

もちろん有効です。

 

 

Rolfing Space Body Resonance

ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス
JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. info@rolfing.namaste.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM