<< 【広島:8/21(月)〜22(火)】出張ロルフィング®セッション行います | main | スポーツとコンディショニング >>
2017.07.02 Sunday

アメリカに行ってきました

こんにちは、ロルファーなつこです。

先週まで、勉強(+遊び)のためにアメリカに行っていました。

 

 

今回の目的は、 ロルフィングの本拠地コロラド州ボルダーで行われた、

ロルファー™でもあり解剖学者でもあるTodd Garcia氏による解剖実習です。

 

解剖自体についてはおいおい書こうと思いますが、

久しぶりの海外(2年ぶり!)、しかも経験の少ない英語圏&時差ボケ、

かつ初めての解剖実習、そしてシェアハウス、国内移動と、

私にとってはなかなか盛りだくさんの滞在。

 

日数の割には刺激的だったようで、

帰国後色々と感じたことをザザッと備忘録として残しておきます。

 

■自宅のコンパクトさに慣れず、あちこちぶつかる。
 ヒトって、広い方・伸びやかな方にはすぐに慣れるんですね。

 

 2日前くらいから慣れて来ました。

 

■天気を見て洗濯を決めるのが新鮮。
 滞在先に乾燥機があったのと、

 湿度が日本より低く使わなくても乾いていたので。
 発展国日本で、この原始的な判断が各家庭で執り行われているのは興味深い。

 私自身も外干しが好きですが、この湿度に対して乾燥機が普及率が低いのは、

 家屋の狭さが要因でしょうか。

 

■渾身の力を込めなくてもドアや窓、棚の扉などがスムースに開閉すること

 への驚き。そのうえ閉じたときの密閉感たるや。

 

■接客に携わる方々の発声や話し方が独特。
 これはどこの国に行った後も思うけれど、その職業という役のぬいぐるみを

 着ているような不思議な感覚になります。

 丁寧でサービスすばらしいのですが。


 そして自分も会社勤めしているとき、

 対お客さんにも、対社内にも、ある程度そういうところがあったと思います。

 

■凝った服をきている方が多い。
 以前スタイリストの方が著書の中で、

 「欧米人は髪や目や体型が多様なので制服を着ると逆に個性が際立つが、

  アジア人(日本人だったかな)が制服を着ると没個性になる」

 と書かれていました。

 

 制服=シンプルな服装と置き換えることもでき、

 「日本人がシンプルすぎる身なりをすると個性がなくなってしまう」と。

 

 で、電車や街ゆく人の服装を見ていたら、確かにファッションな感じというか、

 工夫のあるアイテムを身につけている方が大多数だなぁと納得しました。

 

 単品で凝っているもの同士を組み合わせているというか、

 服が服である前にファッションであるというか、そんな印象。

 

■久しぶりにヴィパッサナーのグループ瞑想に行ったところ、座った途端、

 身体の感覚が全然違うことに驚いた。

 

 身体の構造の認識がクリアというか、特に股関節や背骨のイメージが格段に

 明確になっている。

 

 解剖実習って、瞑想にも有益なのね。
 当たり前と言えば当たり前なんですが。

 

■同じくグループ瞑想で、解剖による緊張が身体に残っているのがよくわかった。

 特に両腕〜手と、胸の一帯。

 

 実習で一緒だった他のボディワーカーさんとも話したけれど、

 すばらしい経験だったし、ご献体と最終日別れるのは寂しかったり、

 また参加したいと思っているけれど、やはり特殊な緊張感のある経験だったのだな、

 と改めて思います。

 

 個人的には、早い時点で気づいてよかったです(気づいたらなくなったので)。
 初めての解剖だったので、よけいだと思います。

 

■やかん・ティファール便利。

 諸事情により滞在先のヤカンが初日でお亡くなりになったため、

 鍋でお湯を沸かしお玉ですくってお茶やコーヒーを淹れていました

 (両方注ぎ口なし)。

 

 そのスキルが熟達した頃にチェックアウトを迎えて後ろ髪ひかれる思いでしたが、

 やはりヤカンやティファール便利です。
 お玉はもういいかな。。。笑

 

 

■セッションももちろん変化。
 これはすごくうまく言えませんが、

 触れている身体の中をクリアに感じられます。
 一方で解剖によって得たものがインパクトとして残っていて、

 まだ調整中といった感じ。原寸大の言葉にするのはすごく難しいです。

 

 

しかしながら、とにかく楽しかったです!
あぁ、行ってよかった!元気になりました(元々元気でしたが)。

 

また解剖もアメリカも行きたいです。

最低一年一海外が私にとって健全なので、実行したいですね。

 

 

Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
 稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. info@rolfing.or.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM