<< 5/27(土)「ニュートラルに立つ、座る、歩く」ミニ・ワークショップ開催 | main | (続)裸足あるき >>
2017.05.11 Thursday

裸足散歩

こんにちは、ロルファーなつこです。

 

あたたかくなってきたので、

冬の間お休みしていた裸足散歩を再開しました。

 

 

久しぶりに裸足で外を歩いてみると、

ヒザも股関節も、もっと常時ニョロニョロと流動的に

使うべくできているのだなぁ、という衝撃
 

いかに自分が普段身体に無理を強いていることか...!

 

いかに靴や靴下に頼っているか、いかに膝や股関節やカカトや足首、

つまりは全身代償してもらっているか気づかされます。

 

歩行という動きの連続性は、

私が認識できているより本来はるかになめらかに途切れることなく

繋がっていて、それを断絶させてしまう動きは大なり小なりすべて、

思考が介入している不自然な動きなのだなぁとつくづく思いました。

そしてそれらが、私たちの身体の不調の大部分を生みだしているのでは?とも。

 

私はまだまだ裸足ビギナーで、土の上は問題ないですが、

舗装された地面を歩くときは細かい凹凸や砂利に過敏に反応しています。

 

その際、まるで足に合っていない靴やハイヒールを履いたように、

足の感覚を切り捨てて上体を上に引き上げる」動作が

起こるのがよくわかりました。

 

裸足なのにハイヒールと同じ感覚になるなんて、

足裏で感知した情報が全身におよぼす影響の大きさたるや!

 

地面が土から人工的なアスファルトに変わるとき、

ばっちり呼吸の幅も狭くなるので、先に気持ちが萎縮した結果、

まんまと足裏の痛みを生んでいる(=痛みを生むような歩き方になっている)

のではないか、と思います。
 

この感じ、前にもあったな〜と思ったら、

キャニオニングとコンタクト・インプロヴィゼーションでした。

 

コンタクト・インプロでは、

「床に転がるとASIS(骨盤前側両サイドの骨のでっぱり)や膝が

ゴツゴツ当たるのでは?」と脳裏をかすめると見事にその通りになりますし、

 

キャニオニングで、「ここのコースは仙骨が岩に当たりそうだな〜」と思うと

果たして見事にその通りのことが起こるという、例のアレです。

 

プリムーブメントの前の前の段階で、すでに動きが決まっているんですね。

知覚が閉じているので、自分の身体が重力化でどのような状態になっているのか

正確な情報が受け取れず、動作が小さく、萎縮したものになるのです。

 

で、もっとアスファルトと柔らかく接触したいと色々と意識してみましたが、

足裏の痛みに今のところさしたる変化なし。

 

歩くだけでこれなのに、走れる方は本当にすごいです。


ということで、自分のおっかなびっくりがどこまで歩き方によるもので

どこまでが皮膚の状態によるものかをある程度切り分けたくなり、

ベアフットランナーでもあるロルファーりょうこさんに足裏を

見せてもらいました。

 

すると・・・・

 

硬いのではなくて、緻密に分厚い感じ なんですね!

深いところから表面にかけて、段階的に組織が強化されているような、

そんな分厚さです。ちなみに表面はツルツルになるそうです。

 

 

私は常々”足裏が分厚くなっただけ”みたいなサンダルが欲しい

思っているのですが、その本物バージョンという感じ

 

なんだかすごく納得。

 

ゴツくゴワゴワになるわけではない、というのが真理だな、と。

あれならいいな〜なりたいな〜 と思いました。

 

とはいえ、そういう走り方ができていたからそういう足裏になったのであって、

動きと構造(足裏の分厚さ)はやはり同時進行だな、と。

 

東南アジアなどで、ビーチサンダルでひょいひょい岩場を登っていくガイドさん、

よくいらっしゃいますが、あの人たちもすごかったな

 

生まれてからずっと裸足で生活している方々の足裏(どころじゃないですが)も

見てみたいものです。

 

私も裸足散歩&足裏観察、続けようと思います。

限られた季節の楽しみですしね!

 

何より、足裏がヒテテテ・・・と思いながら部屋に戻ると、

ホッとすると思いきや(一瞬ホッとするんですが)、

その次の瞬間には床が平坦なことが退屈に感じるんです。

これがとてもおもしろい。

 

私たちがチャンネルを合わせていないだけで、身体は常に何かを感じて、

働いているんですよね。

 

これからの季節、お庭や公園や海ではもちろん、近所を裸足で一周するだけでも、

かなりセンセーショナルな体験になりますよ〜。

よろしかったら。

 

★関連記事★

(続)裸足歩き

 

Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
 稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM