<< Tongue Cleaner | main | 5/27(土)「ニュートラルに立つ、座る、歩く」ミニ・ワークショップ開催 >>
2017.05.03 Wednesday

近藤麻理恵さんの片づけ本

こんにちは、ロルファーなつこです。

 

クライアントさんのおすすめで、私も昨年ようやく

近藤麻理恵さんの片づけ本を読みました。

 

まずはこの一冊

「人生がときめく片づけの魔法」

 

物を片づける順番やその詳しいやり方がわかりやすく説明されていて、

家中のありとあらゆるモノが根こそぎ整理できます。

 

比較的定期的に整理できているな、と思っているジャンルも、

この本の方法でやってみると思わぬ取りこぼしに気づかされます。

 

なにより、この本を読んでいると、今すぐ家に帰って片づけを始めたくて

ムズムズしてくるのです。

 

で、まずは家中の自分の服(衣類から始めるので)をすべて

集めて山をつくり、そこから1つずつ手に取って、触れたときの

身体感覚(この本では「ときめき」と呼んでいます)で要不要を

判断していくのですが・・・

 

これが楽しい!というかおもしろい!

 

それを買ったときの状況が蘇ったり、

それを処分すると起りうる感情を無意識に想像したり、

さらにその感情がなにから起こっているのか?まで辿ることになり、

自分の持ち物が、物理的な意味でも心理的な意味でも身体的にも、

ここまで自分のスペースを占めているのか、と驚きました。

 

この方の提唱する片づけメソッドは、

 

・実際に触れて、身体感覚(ときめき)でものを選択する

 

以外に、

 

要らないものではなく要るものを選ぶ とか

物を捨てる際には感謝をする とか

片づけの向こうにある潜在意識について言及していたり

 

片づけを入り口として、とてもホリスティックな考え方に

基づいていて、無理矢理な感じがないのですね。

 

なので、ボディワーカーや、その場限りでないものの管理の仕方

つきあい方を知りたい方にもしっくりくるのではないかな、

と思いました。

 

無駄なく軽快な語り口で、自分語りが少ない(というか全くない)のも
よかった。


出版順に、昨年の時点で出ているものは全て(恐らく)読みましたが、

2冊目以降(どちらか忘れてましたが)は片づけが済んだ後に

起こることや、片づけが完了してない場合についても書かれています。

 

片づけが一通り済んだ後、

寝具を買い換えたり睡眠時の服を見なおしたくなったり、

私の場合”寝るときに直接からだに触れるもの”が気になってきました。

 

片づけによるスッキリ感と連動して、

日常の中で自分の身体が求めているモノが表出してくるような、

そんな感じです。

 

「他の人(同居している人)のモノを無性に片づけたくなるときは、

大抵自分のモノの整理ができていない」とか、

「玄関のたたき(or靴の裏だったかな?)を拭くと、後ろめたさがなくなる」

などの名言も。

 

さらにはこんまりさんの動画を拝見(完全にファン)。

服のたたみ方や海外の片づけコンサルの様子が、特におもしろかったです。

 

彼女がモノに触れるときの手の様子が印象的で、

人のからだに触れる職業の人とはまた違って、

モノを愛している方の手はこういう感じなんだなぁ、としみじみ思いました。

 

手には、その人が普段何にどのように触れているか、

が反映しているものですね。

 

近藤麻理恵さんの片づけ本、まだお読みでない方はぜひぜひ。

私からもおすすめです。

 

 

Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. info@rolfing.or.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM