<< 阿嘉島と、日焼けしすぎた話 | main | 【10/16(日)〜17(月)】広島でロルフィング®セッション行います >>
2016.10.02 Sunday

渡嘉敷島と、旅の友

こんにちは、ロルファーなつこです。

 

今年の夏は阿嘉島に続き、渡嘉敷島へ一泊してきました。
 

シーカヤックで無人島 ハナリ島(「離れ島」の訛りだそう)に渡ったり

 

島を探検したり、

 

山に登ったり(眺望がすばらしかった)

 
 

島猫に挨拶したり、

 

夕日を追って展望台まで走ったり

 

 

世にも美しい夕日を見ながらなぜか恥骨と骨盤底について語ったり、

 

 

ビーチで花火をしたり流れ星を見たり、

洗濯物が夜の雨でとことん濡れたり、

 

阿波連ビーチでチルアウトしたり、

 

雨に降られてパラソルが日除けではなく雨傘として機能したり、

満喫してきました。

 

いくつか印象に残ったこと&島情報を。

 

■ハナリ島

戦争の砲弾が残っていたのが、強く印象に残りました。

火薬を抜き取った不発弾がゴロゴロしています。

 

島の美しさとのコントラストが却って生々しく、

なんとも形容しがたい感覚。

 

当時この島がどういう状況で、この付近の方々は

どのような気持ちで過ごしていたんでしょうか。


ハナリ島からのパノラマビュー。こんなにきれいなところなんです。

 

■海に出る理由

上のパノラマで私の後ろに映っているガイドのMさん、

無人島に上陸するなり携帯の電波が入らないと再度カヤックで海に戻り、

海上で電波をキャッチして仕事の話を終えて戻ってきました。

ワークスタイル、新鮮すぎです。

 

■シーカヤックと日焼け

シーカヤックは3回目でしたが、シット・オン・トップという

一枚板の上に長座になって漕ぐタイプは初めてでした

(1枚目の写真でわかるでしょうか?)。

脚が中に入らず炎天下にさらされるので、私は前回の反省から

ラッシュレギンスを買っておいて正解でした。

 

友人は脚の前面が日焼けして、歩けなくなっていましたよ。

 

シーカヤックツアーに参加する方、

事前にシーカヤックのタイプを確認するとよいかもしれません。

シット・オン・トップなら、レギンス必須です。
 

ラッシュレギンス、全然ときめくアイテムではないんですが、

沖縄の紫外線は半端ないですから(何度でも言います)。

脚を焼きたい方も、島に着いてorビーチで寛ぐ際に脱げば十分焼けます。

日差しが弱ければ履かなければよいですしね。

 

■宿泊&送迎

渡嘉敷島に泊まる場合、船の着く渡嘉敷(トカシキ)集落ではなく

阿波連集落か渡嘉志久(トカシク)集落のどちらかになるようです。

 

今回は、一番栄えていると思しき阿波連に宿泊しました。

 

港からはどちらの集落も離れているので、宿泊先の方か、

なにかアクティビティを申し込んでいたらそこの方が迎えに来てくれます。

私たちの場合、シーカヤックツアーの方が迎えに来てくれて、

帰りは宿泊先の方が送ってくれました。

 

港〜阿波連までは車で移動すると確かに距離も高低差もあります。

さすが慶良間諸島最大の島だなぁと。

マップで検索するとこの間は徒歩1hだそうで、夏は歩かない方がよいでしょう。

 

日帰りなどで送迎がない方は、港から阿波連ビーチまではバスが出ているようです。

 

■阿波連ビーチ

渡嘉敷島のメインビーチで、シーカヤックツアーもここから出発しました。

きれいです。

 

ここは、近隣のアジア諸国の観光ツアーのコースに含まれるらしく、

お昼頃から大勢の外国人観光客の方々(中国大陸・台湾の方が大部分な印象)が

ドッと押し寄せます。夕方前には次の場所へ移動されますが、

それまではパラソルが埋まり、とても賑やかです。


徹底的に静かに過ごしたい、という方は、AMor夕方以降を狙うとよいでしょう。

日によって違うかもしれませんが、ご参考までに。

 

■慶良間諸島
座間味・阿嘉島・渡嘉敷と慶良間諸島を一通り訪ねまして、

近くの島でも印象が異なることが興味深かったです。

 

まだ1・2回の訪問で島のほんの一部しか見ていないので

(同じ島内でも集落毎に文化・風習が違うそうです)ザックリですが、

ワイワイするなら座間味か渡嘉敷、とことん寛ぐなら阿嘉島でしょうか。

 

座間味はたゆ〜ん、阿嘉島はほっくり、渡嘉敷はサラーッとした印象です

(何のことやら?)

 

 

■旅の道連れ
今回の旅友は、元々ヨガでお世話になっていた冨吉美里さん。

 mama no jikan


現在は、ヨガはもちろんママのからだケアや食養のジャンルで全国で

活動されている美人かつキュートなお方です。

 

沖縄で私はロルフィングセッションを、彼女も講座やWSをしていて、

お互いお仕事を終えて合流。関東組と別の土地で会えるのって、

格別にうれしいものです。

 

彼女はいつも好奇心を持って勉強されていて、いい先生だなぁと

感じ入っています。彼女の食の話はとてもおもしろい。


お近くで講座・WSがあればぜひ足を運んでみてください。

というか私が受けたい。

(レギュラークラスは関東のみのようです)

 

そして彼女と私が沖縄で会うと毎回必ずトラブルが起こるんですが、

今回も予約していた高速船がエンジントラブルで欠航。

結局1h後のフェリーに振り替えられ、

なんとか島に着くことができたという顛末でした。

まぁ、着けたからよいけども。

 

夏のしめくくりによい旅ができました。

 

★関連記事

 ・座間味島に来ています

 ・座間味珍道中+SAP初体験

 ・阿嘉島と、日焼けしすぎた話

 

 

Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. rol-summer@hotmail.co.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM