<< 速く弾けば弾くほど呼吸がゆっくりに | main | シルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」観てきました >>
2016.03.29 Tuesday

トップ・アスリートだけが知っている「正しい」体のつくり方

こんにちは、ロルファーなつこです。
昨年読んで、おもしろかった本をご紹介。
 
トップ・アスリートだけが知っている「正しい」体のつくり方
/山本邦子(著)




この本を読むと、いかに(思考でなく)感覚に目を向けながら動くことや
全身のバランスが大事か、がよくわかります。

「感覚でモノを言うな」というのはもはや死語です。

トップアスリートというと、
そうでない一般人と違う「特別ななにか」に取り組んでいるのでは?
と想像しがちですが、ロルフィング®などのボディワークや、
ヨガ・瞑想などで行う自分の感覚への気づき、が
やはり重要なんですね。

競技やそのポジションによって、
ある程度なりやすい身体の傾向はありますが、
最終的にはその方がどのように身体を動かしているか?
自身の身体を感じながら動けているのか?に尽きます。

余談ですが、以前調べものをしていたときに著者 山本邦子さんのブログの
間違った下腹部の引き締め方」という記事がヒットして、
拍手喝采したことがあります。

特に、

どういう理由であれ、私は体を締め付けるような動作は人間にとっては
危険から身を守るとき以外は必要ないと感じています。
運動をするときにずっと締めたまま行いましょう、、、
という指示をされるのであれば、私はその場から逃げる、、、と思います。


という部分に深く共感。
(私も走って逃げると思います〜)

後に、このブログの著者がA-yoga主催者と知りまして、
そしてA-yogaと言えばロルファー森部さんの奥さま、
美香さんが教えられていらっしゃるなぁと、繋がりを楽しく感じました。

アスリートでない方や、身体に携わる方、関心のある方にも
お役に立つ内容ですので、ぜひどうぞ。

本を貸して下さったロルファー英子さん、ありがとうございます ^ ^
読みたい本があるときに、聞くと大体持っている英子さんの本棚、すごそうです。



Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. rol-summer@hotmail.co.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/
 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM