<< 神経モビライゼーションのワークショップ | main | クライマーにお薦めのヨガのポーズ「ハラ・アーサナ」 >>
2015.04.03 Friday

日野晃先生のワークショップ

こんにちは、ロルファーなつこです。

毎年、日本ロルフィング協会年次総会にあわせて開催される
ロルファー向けワークショップに、今年は、武道・日本武術研究家の
日野晃先生にお越しいただきました。

すばらしかった!

2hの間に色々グッときた回数が多すぎて、
前半のグッときたポイントを忘れてしまう始末。

先生が協調されていたのは、「関係性」。
と、「頭(思考)よりも身体」。

おもしろかったのがペアワークで、2人が向かい合って立ち、
片方が相手の手首を持って引っぱる、というシンプルなもの。

普通に引っぱると、引っぱられまいと相手に抵抗が生まれますが、
丁寧に手首をつかんで引くと、アラ不思議、引く方向についてきてくれます。

相手の皮膚の質感を感じながら、相手の身体のカーブに沿って、触れる。
それをしようとした時点で、私側の在り方が変化しているので、
いざ触れたときに相手が警戒せず、抵抗が生まれないんですね。

・初めが肝心
・事を行う前に、相手のことを感じること。
・物事を丁寧にすること。
だな、と。

いざ自分が引っぱられる側になると、
相手の引く方について行ってしまうときって、
”なにか楽しいことに連れて行ってくれそうなコンタクト”なんです。

例えばダンスで下手なリードをされた時、
「もうちょっとこうだったらいいんだけど、まぁこれもリードだからなぁ」
とついて行くのと、

本当にドンピシャなリードをされた時の、
それがリードとも気づかずに
楽しいことに連れ出されてつい動きが始まる感じ。

その違いなんだと思います。

日野先生に手を引っぱってもらうために、
そしてフワーッとついて行ってしまうのを体感するためだけに、
嬉々として列を作る人間たち(私含む)を見るにつけ、
生きとし生けるものは皆ドンピシャな関係性や瞬間を求めているんだな、
と思いました。

そしてついワクワクとついて行ってしまうコンタクトというのは、
自分の「今ここ」をスキャンすることと、
相手や周囲のモノ、気配を感じ取ることによって、
ボディワークのセッションでも起こる。

秒単位で変化する周囲との関係性に気づいていること。

それができると短時間でパフォーマンスのよいワークができて、
そのやり方の深度は果てしないんですねぇ。

それから、
集団が同じ意図を持つと、そこに属する個人の力が強くなる、
というのも興味深かったです。

ピラミッドを作った古代人たちにとっては、当たり前のことだったんだ
と想像しています。

日野先生の言葉はまったく説教臭くなく、風通しよく沁みました。
ご本人がなにより常に自由です。
先生の濃ゆい人生にも興味津々。
先生の身体の矢状面がそれはそれはきれいでした。

☆日野晃先生のサイト
 http://www.hino-budo.com/

 
 

Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
 稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. info@rolfing.namaste.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM