<< 【沖縄出張】9月は25(木)〜27(土)です | main | 【9/20(土)】クライマーのためのセルフケア講座Vol.3 >>
2014.08.27 Wednesday

forefoot strike = 「爪先着地」?

こんにちは、ロルファーなつこです。
爪先着地(forefoot strike)走法について、
昔ブックマークしていた良記事を発見したのでご紹介。
爪先着地走法、私はクライアントさんから教わって知りましたが、
2009年にアメリカでベストセラーとなった『BORN TO RUN』が火付け役となった、
従来のカカト着地(heel strike)に対して爪先で着地する走法です。



その当時、ランニングをされているクライアントさん達の動きを見ていて、
爪先着地(forefoot strike)に疑問をもったのですが、
この記事を拝読して納得しました。

 ↓↓↓↓
「正しくはミッドフット」
http://www.greatoutdoors.jp/greatlife/post-3.html


動画では、この記事を書かれた木村東吉さん(1つ目の動画の黒いジャケット、
最後の動画の青いジャケットの方)の脚がくるくると回転して自然な連続運動となり、
全身が協調して走行の動作が起こっているのがよくわかります。

「爪先着地」という日本語訳が誤解を招いて動きに繋がってしまったケースを
なんどか見かけましたが、「爪先」ほど前ではありませんのでご注意を。

特に海外発の情報については、途中で翻訳にズレが生じるケースもあるので、
元の言葉を知ることも重要だな、と再確認しました。
なぜ「爪先着地」という和訳になってしまったのか、謎です。

踵着地(heel strike)しない、足指で地面を後ろに蹴らない(take offしない)この動き、
MBTが謳っている理想の歩き方もこれなんだろうなぁと腑に落ちました。
MBTはまた別にヒザの使い方が特殊なんですが。

裸足ラン(ベアフットランニング)では適切な動きしかできませんが、
ベアフット系シューズFiveFingers やナチュラル系シューズでのランニングは、
多少の作為が加わるので、この回転運動が必須ですね。

この動画、見ているだけで気持ちいいです。
フォームにお悩みのあるランナーの皆さま、ご参考にどうぞ。


Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. rol-summer@hotmail.co.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM