<< クライマーのためのセルフケア教室、無事終了しました | main | フリーペーパー「LIVE」にロルフィング記事 >>
2014.06.04 Wednesday

マインドマップ

こんにちは、ロルファつこです。
ボディワーカー仲間の葉坂多壱貴くんのお奨めで、
マインドマップ本を読んでいます。



自分のノートや思考整理の方法がもう一歩どうにかならないものかと
思っていたところ、彼がエド・モーピンWSでとっていたノートが
ユニークでわかりやすかったのです。

まだ読み終わっていませんが、
最初の練習で一日のスケジュールをマインドマップで描いたところ、
実行しやすかったです。

慣れていないせいか描くのに時間がかかるものの、
脳がかゆいような、ムズムズするような、
ワクワクするような感覚に。

脳って、正しく使うとワクワクするようにできているんですね。
 

この本を読んでいる途中で急ぎでまとめたい資料があり、
PowerPointで着手したところ、
あー マインドマップって、OfficeでいうとPowerPointなんだわ
と思いました。

私事ですが、ロルファー以前の仕事では、
どちらかというと企画会議で通ったシステム要件(PowerPointまたはExcel)を見て、
エンドユーザー向けに提供する操作マニュアル・FAQ・イントラネットを作る立場
だったので、文書で対外的にアウトプットするときに
Word脳になっていたようです。

が、ロルファーかつフリーランスの現在は、
毎日のスケジュールやセッションの組み立て・WSの構成
・今後どうやっていきたいか、などなど、
思考を整理する際やそれを対外的にアウトプットするときに
PowerPoint脳の方が有効。

ついクセでWord脳が稼働するけれど、今私に役立つのはそこではなく、
Word文書作成前の、自分の頭整理用のメモ、
または部内業務の担当やエスカレーション先を明確にするフローチャート
(対外でないもの)、そちらの方が中心になるんですね。

PowerPointって、フォーマットに則した企画書ではなく、
クリエイティヴだったのね〜!

  マインドマップ Officeでいうと PowerPoint(字余り)

今更ながら、自分が仕事で文書をアウトプットするときのクセ、
習慣がよーく分かりました。収穫です。

ヴィパッサナー友達で、スウェーデンで活躍するアーティスト、
Kaoru Furuko -古国府 薫ちゃんもマインドマップ愛好家だそうで、
彼女の野生のケモノのようなしなやかな行動力にも納得。

効率よく時間・エネルギーを配分してパワフルに活動している人は、
自然にマインドマップを使っているのかもしれません。

あと、根っからのAppleユーザの方々には、
もともと慣れ親しんだ感覚なのかな、とも思います。

私はApple製品に憧れつつも、職歴的に根っからのMicrosoftユーザー。
自分の中で考えているときはそうでもないのですが、
正式なアウトプットはWord(せめてExcel)でなければいけない、
という固定観念があったようです。

Word文書を作成する前のなぐり書きメモを対外的にアウトプットするのって、
より自分の素に近いのでよいですね。

読み進めて実践しようと思います。
ご興味のある方は、ぜひどうぞ。
ボディ・ワーカーの方、からだを生業をする方は、
体感も合わせて楽しめるのではないかと思います。

Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー®(ロルフィング®施術者)
稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. rol-summer@hotmail.co.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM