<< 【セッション3ご感想(後編)】お腹にチカラを入れても表層の筋肉しか緊張しないとは、目からウロコ | main | 体の感覚に繊細になることは、弱さにつながらないか? >>
2013.11.12 Tuesday

なぜ体をゆるめるのか?

こちらのロルフィング体験談↓
お腹にチカラを入れても表層の筋肉しか緊張しないとは、目からウロコ
から派生して、「なぜ体をゆるめるのか?」について簡単にご案内。
 
ロルフィングや、その他からだの動きをみるボディワークで、
「ゆるめる」・「がんばらない」・「最小限の力で動く」といった
言葉を聞いたことありませんか?
私自身も、クライアントさんによくお話しします。

パワフルなスポーツをされている方や、
常にお腹をひっこめて背筋を伸ばしている美意識の高い女性などは、
はじめてこの類の言葉を聞くと、不思議に思うかもしれません。



”体幹”、”丹田”、”インナーマッスル”、”コアマッスル”、
ヨガの”バンダ”など、すべて体の使い方のキモになるものですが、
私は、そのほとんどは深層筋(骨の近くに付着している筋肉)を含む組織
または機能、あるいはそのコーディネーションを指すと考えています。
 
表層筋・深層筋には、ざっくりいうと
深層筋・・・からだのバランスをとる、姿勢を維持する
・表層筋・・・大きな動作のために働く
という役割があります。


ただ立っているだけ、座っているだけで表層筋を使っているのは、
エネルギー効率が悪い(=疲れやすい)状態なのです。

が、”意図的に”おなかを引っ込めたり、肩甲骨を寄せて
胸を張ったりして姿勢をよくしようとすると、
稼働するのは主に表層の筋肉です


そして、表層筋がオーバーワークになると、
皮肉なことに深層筋は機能しなくなっていきます。

(「姿勢維持も表層がやってくれるの?じゃあ休んでおこう」と怠けてくる感じ。)

そうすると、
さらに立っているだけ、座っているだけでも疲れたり
姿勢がキープしずらくなり
  ↓
さらに表層の筋肉を使い(あるいは鍛え)
  ↓
さらに深層筋が怠けていく

・・・という連鎖に。

いわゆるマッチョな方が、筋肉をうまく使えていないケースもあるのです
(慢性的に表層筋が収縮していたりします)。

また、「おなかは常に意識して引きしめておきましょう」とうたう
美容情報など影響で、筋肉量の少ない華奢な女性でも、
腹部・臀部・前腿・肩などにかなりの力が入っていることも多いです。
(それが当たり前になっていて、
 ご自身が力んでいることに気づかなかったり、
 脱力=怠けること、と罪悪感を感じることも。)

では、深層の筋肉を鍛えるにはどうしたらよいか?
それには、まず表層の緊張に気づき、それをゆるめて解放すること、
意図的に体を操作するクセを手放すことが重要です。


深層筋は、動きを感じにくかったり、表層筋を鍛えるのと違って
変化が如実にわかるわけではないので物足りなく思うかもしれませんが、
これがまず第一歩です。


足の裏、手のひらの固くなっているところを緩めるのも、近道です。

そして深層・表層がそれぞれの役割を正常に果たすようになって初めて、
自然発生的に”丹田”、”インナーマッスル”、”バンダ”が機能するのです


同じ動きでも、表層をメインに使っているのと、
姿勢を深層で支えられているのとでは、パフォーマンスに差が出ます。

深層筋・表層筋の役割について少し知っているだけで、
普段の体の使い方にも新たな気づきがあるかもしれませんね。

表層筋は必要なときのためにとっておいて、
普段は意識できる限りゆるめておいてください。
その分余ったエネルギーは、もう1つ別の楽しいことに使いましょう。

☆関連記事☆
体に繊細になることは、弱さに繋がらないか?

Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス


JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー®(ロルフィング®施術者)
稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. rol-summer@hotmail.co.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM