<< 伊ヴォーグ誌にロルフィング! | main | 【沖縄 de ロルフィング】次回は1/23(木)〜25(土)です >>
2013.12.14 Saturday

アップデートする仏教

こんにちは、ロルファーなつこです。
先輩ロルファー溝辺英子さんにお借りした「アップデートする仏教」。




最初の1行目からテンポよく引き込まれ、
予想を上回るスピードで読了。

ボディワーカーにも、瞑想を続けている方にも有用な内容です。

まさに私にとっての仏教とは、

(1)法事などでお坊さんから聞く、ありがたいけど
 今一歩日常に結びつかないお話

(2)専門用語が多くて敷居が高く、おかたい仏教

の2分類だったので、この、素人にも読める、
平易な言葉で語られる実践的な仏教というのが、
「これも(これこそが)仏教なのか!」と新鮮です。

そしてこの2分類しか存在しない日本の仏教の在り方自体が
日本の仏教界の問題なのだと、藤田一照さんと山下良道さんが
対談されています。

お二人の個性がまた、この対談の醍醐味ですね。

後半は、瞑想の段階や種類が詳細に語られているので、
瞑想を深めている方には指南書になるのではないでしょうか。

私は、ヴィパッサナーが瞑想の中でこういう位置にあるものだと
初めて知りました。

そして私は、自分の外に対象を置く(ろうそくの炎など)瞑想は、
体が固まるので苦手だったことを再確認。

お二人とも、思考型のエリート街道からドロップアウトし、
実践しながらご自身の中の違和感を整理しつつ突き進んでいらっしゃって、
それを惜しみなくアウトプット。

それもこれも日本の仏教界に対する愛と危機感に
突き動かされてのことなのでしょう。

そしてやはり、体の感覚に目を向けるのは、
「今」にいる方法として有効だと再確認。

内観というのは、自分の中に籠って思考を巡らせることではなく、
自分が「今、体で何を感じているか?」なんですよね。
対象を自分の外に置くこともできるのでしょうけど、
個人的には自分の体の感覚に目を向けることの方が、早くて効率がいい、
と感じています。

そう考えると、体に携わる仕事をしている方々、
ボディワーカーの方々は、個人の調和と、
世界平和に貢献している、と改めて思います。

英子さん、ありがとうございました。
教えてもらわない限り、この本を手に取るのは早くとも数年
かかったのではないかと。

私からもお勧めです。

Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
 稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. rol-summer@hotmail.co.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM