<< 【セッション8ご感想】足が自由になり、歩くだけで楽しくてウキウキ | main | 夏バテ&夏の肩コリ対策 >>
2013.07.15 Monday

歯の金属間の電流(ガルバニー電流)について

こんにちは、ロルファつこです。


ホリスティック歯科での検査の結果、私の口腔内には

アマルガム(水銀)は入っていないことは分かりましたが、

結構な数値の電流が流れていることが判明しました。

 

口腔内に(複数の)金属があると、唾液が電解質となって電位差が発生し、
口の中に24H電流が流れている状態になり、アブトロニック(EMS機器)を

口の中に着けているのと同じような状態となり、

その影響は口・顔面・眼は勿論、全身に及ぶそうです。

(=「ガルバニー電流」と言います)


異材質同志は電流が高くなりやすく、

とは言え同素材同士でもロット毎に質のバラつきがあるので

やはり電位差が生まれるそうです。


ということで、今日は各歯の間の電流を測り、

電圧を上げる一番の要因になっている金属を外しました

(いずれ別の材質にします)。

これで口腔内の電流は一気に低減したわけですが、

それだけでみるみる

 普段緊張しやすい側の頬がゆるみ
   ↓
 同側の顎関節の噛みしめがゆるみ
   ↓
 同側(視野が狭くなりがちな側)の視界が広がり
   ↓
 同側の上がりやすい肩もゆるみ
   ↓
 同じく同側の、キネスフィアを失いやすい半身が広がり

   ↓

 同側の肩周りの可動域がUP

 

という、ダイナミックな変化を体感。

まさに半身が返ってきた、という感じ。

 

長年口の中にアブトロニックを装着していたものの、

当たり前になっていてその実感はありませんでしたが

(顔面の緊張がゆるみにくい自覚はあり)、

実際に外してみるとなんという心地よさ。


1つ金属を外しただけで、

ボディワークのセッションを受けたかのように身体がゆるみっぷり。

 

慢性疲労の方、身体の緊張が抜け切れない方、

運動や食生活に気を付けていてももう一歩元気になれない方、
口の中に原因があるかもしれません。アマルガムと合わせて、

ガルバニー電流の検査、おすすめです。

 

ちなみに、私はおおはし歯科医院さんにお世話になっています。

今後は、

 

■体内に蓄積した重金属をホメオパシー&アロマテラピーで解毒

歯根洗浄

■ガルバニー電流対策

 (全ての金属を外し、体質的に影響が少ない金属を検査して最終的に装着)

 

を進めていく予定。

 

自費診療なのでコストはそれはもうなかなかかかりますが、

少しずつ着実にやっていきたいと思います。

これらの治療が、保険適用内になってほしいものです。

 

※2017年追記:この治療で、その後股関節の稼動域がかなり増えました。

 

★関連記事★

フィシオエナジェティック(エナジェティックキネシオロジー)
 

Rolfing Space Body Resonance
ロルフィングスペース ボディ・レゾナンス

JR・東京メトロ高田馬場駅より徒歩3分(完全予約制)
認定ロルファー(ロルフィング®施術者)
稲員 奈津子 イナカズナツコ
Phone. 090-8487-4520  
Mail. rol-summer@hotmail.co.jp
Website. http://rolfing.namaste.jp/

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
NEW
カテゴリ
アーカイブ
最新のコメント
リンク
このサイト内で検索
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM